ブラウニーとガトーショコラの違い

皆様こんにちは

 

チョコレートな関係のマスターシェフ宍戸です。
今日のお題はこちら

『ブラウニーとガトーショコラの違い』

ブラウニーとガトーショコラの違い

 

ガトーショコラは 1981 年に日本人シェフが発明したチョコレートケーキ。

まだ 40 年ほどの浅い歴史というのは皆様知ってましたか?

ちなみにお菓子の本場フランスではガトー・クラシック・オ・ショコラと呼び、
レアで濃厚で甘味が強いのが特徴です。

 

当店のガトーショコラはどちらかというと日本とフランスのレシピを足して割って、
甘味を引いた形でしょうか。

テーマに戻りますがガトーショコラはフランス語、ブラウニーは
英語とアメリカ生まれのチョコレートケーキです。

 

ナッツやチョコチップ、チーズを入れたりするのがブラウニー
材料は同じような種類でも『製法が変わると名前が変わるチョコレートケーキの世界』
ガトーショコラは卵黄と卵白を分けて合わせる別立て製法に対し、ブラウニーは全卵で作る共立
て製法です。

 

クラシックなブラウニーレシピですとブラウンシュガーを使い、
ベーキングパウダーを入れて焼くのが特徴です。

 

食べる側からすると同じチョコレートケーキに見えてしまいますが
意識して食べたり、学んでから食べたりすると、様々なケーキの在り方を知ることが出来ますので
機会があればブラウニーとガトーショコラを食べ比べしてみてくださいませ。

@CHOCOLATNAKANKEI

チョコレートな関係のInstagram

チョコレートな関係 Sendai Chocolate
〒980ー0803
宮城県仙台市青葉区国分町1ー6ー3 古拙ビル1階
TEL:022-302-5681
営業時間:13:00~23:00
定休日:火曜日
※時期によって変更あり